コミュニティー > わんことキャンプのすすめ


キャンプは楽しいばかりじゃない(2)


キャンプ場。街には無い危険も多いです。
山は大雨が降り、海・湖・川は強風が吹きます。
雷もおっかない。
自然が多い分、野生の動植物には注意が必要。
このあたりは各自調べてください。・・・ m(_ _)m

もも一家が一番警戒するのは、『風』です。
風に対する認識が低いキャンパーが多すぎます。
強風にあおられて飛ばされたペグ(テント等を固定する釘状のアンカー)。100mは軽く飛びます。
我が家のクルマには大小10ヶ所ほどキズが付いていますが、全て風が原因のキズです。(ヒドイ物は塗装の下の鉄板が見えるほど)
コレが人やワンコだったらと考えるとゾッとします。
キャンプでヘルメットはカンベンです。

以下お願いです。

.撻阿漏亮造紡任噌んでください。軽く引張って抜けるようじゃダメです。苦労して抜く物です。(抜けずに放置されているペグを見てヨッシャヨッシャと思うのはσ(^^)ぐらいかな?)

▲謄鵐箸筌拭璽廚鯒磴辰燭箸に付いてくるペグやハンマーは役立たずです。倒れているタープと役立たずハンマーと戦う音(ペグが打てず苦しむ音)がキャンプ場の風物詩です。
信頼の置ける"ペグ・ハンマー・ペグ抜き”を買い足してください。
お薦めはSnowPeak製です。
(多くのメーカーは価格や重量を抑えるために最低限のペグとハンマーしか付属していません。各メーカーは無風&耕された地面でテストしているのでしょう。)

ヤバイと思ったら迷わずに撤収してください。

の閏蕕篏⊃欧垢襪覆蕕佗に弱そうな所は補強してください。
  (タープ類は低くして風の影響を減らす工夫を)

イ笋爐鯑世採木などを利用する場合は布を巻く等の心使いを。

ひつこいけど余談
この半年で空飛ぶテントを2回見ました。ワンコ競技会とスポーツ大会。高級車にキズがついて、テントの骨組みがグニャグニャになっただけで済んだようですけど)


   (21/24)